テーマ:技術士

原稿用紙

指定された枚数の原稿を書くのが、難しかった夏の試験。全体の主張がぶれないように長くするのはできなかった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクセス数が伸びない

このブログとHPのアクセス数が伸びない。結構勉強になることが書いてあると思うけど、知らない人が多い。HPを更新しようかな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

異常な暑さ

 この週末は、北海道が九州より高温になった。クーラーがないので毛布一枚かけているだけでも暑くて寝苦しい夜が続く。  季節が桜から進んだので、トップを変更しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仕事と自分一人の持ち時間

 昔先輩たちは、自分たちで河川の計画や施設設計して実験した。今の自分は、計画や設計した後計算回したりしてから実験までやるには時間が足りない。  仕事上のストレスなどで、飲み会やカラオケで発散できないものがあることも分かった。  仕事の処理能力が違うのだろうか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

計算可能であること

方程式を初期値境界値与えて計算可能であるということと、整備計画規模を超える事態が起きることについてあれこれ考えている。 非常事態には、台風🌀接近前に避難するとか行動できるようにしないと助からない。また、普段から地域の危険箇所を知っておくことも必要だ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

河道計画検討について

 河道計画検討の手引きを読んでいるが、資料や記録から読み解くことがたくさんある。川の変遷や工事記録といったものを把握して将来を予測するわけだ。流れや土砂の移動だけでなく、植物や動物の生息環境も維持管理していく必要がある。表やフローがいっぱいあるが、項目が多すぎる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

河川以外の勉強

 砂防計画の指針として、河川砂防技術基準(案)にほどんど書いていない土石流や流木対策の資料を検索して、印刷した。砂防か海岸の問題に答える必要になるが、あまり勉強する機会がない。以前海岸堤防の津波防災について答えたが、必要な文字数を書くほど知識がなかった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仕事の方向性

 現在の仕事内容では、計測や撮影が中心だが、物理モデルを作って計算したらこうなるという方面をやっている人達も世間にはいる。また、計測する対象が高周波数の現象だと、データを整理するとき高等数学の知識が必要だ。ニュートリノの観測ではないが、計測できたら新しい発見ができるということもあるだろう。  河川整備という大テーマの元、水や土砂の移動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 つくばにいたときにお世話になった人が北海道支社の部長になって、札幌にいる。こっちに来たのは3年前らしい。土木学会で発表もしているようだ。新入社員の時におせわになったが、その後新宿に異動、札幌にいるとは思わなかった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いよいよ始まる

 今日役務の発注者と打ち合わせしてきた。前年度業務に倣ってやるところはやるが、確認するところは確認する。退社時間が遅くなったが、社内で工程を含めた作業計画を議論していたためだ。計算しておかしいところはおかしいと、疑問をぶつけてみないと見落としたまますぎてしまう。  前年度業務はパシコンがやった。管理技術者が私の指導技術士だった人だ。北…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旭川まで行ってきた

午前中真如苑北海道本部、北海道大学、北海道庁、大通公園と札幌テレビ塔を見てきた。 午後近場の散策でなく、会社でこの間やっていた石狩川の区間(旭川市付近)をこの辺かなとみてきた。旭川鷹栖ICから旭川北ICの間に相当する区間だ。忠別川との合流部より上流になる。河床掘削をやっていたり、堤防工事をやっていたりした。堤防沿いの道路がないので、橋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風邪引いたか

 3時前に暑いと思って目を覚まし一日活動したが、水っぱながうっとうしい。熱は大してないので心配はしていないが、早く治したい。  アパートの契約ができたら、来月入社後のスケジュールが気になり始めた。中途採用で研修があるかはわからないので、社長にメールした。担当業務や所属、仕事の進め方など気になる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

就職活動おわり

 東京の面接は、2社受けてどちらも不採用だった。 河川計画に携わってほしいと思って、面接後社内検討したようだが、経験不足と判断された。結局、最初に受けた札幌の会社に就職が決まった。  寒地土研での実験とiRICでの活動が来月から始まることとなった。もう社長は、新しい仕事が入ると言っていたので期待しているようだ。技術士を取るのも今度の水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総務との面接

 昨日午後1:30から面接だった。中堅企業だが、時々水理実験の結果を使って設計している。河川部長は、時間が合わなかったのか出てこなかった。その分質問が職歴や職務経歴中心で、技術的な話にならなかった。実験と数値解析、現地観測の3つの柱どれも大切ですよ。そう面接後のメールに書いた。  根固めや護岸の重量計算や水門等の構造計算をやった経験は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日一次面接 2社目

 先週の結果が来ないうちに、二社目の一次面接の話が決まった。明日面接しましょうということになりました。さすがに午後の面接ではあるが、急な話だよ。  札幌の会社から内定をもらっているということを言ったらしい。そしたらこの会社の人事部が急いで日程を調整してくれた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分の資質

 転職活動しているが、会社規模による仕事の進め方の違いについて考えてみた。  業界大手企業 技術者を束ねる技術者  中堅     今までよりランクアップした技術者  零細     研究者の下請け  といった感じになる。大手中堅のところの面接結果は明日以降に連絡してくれることになるが、役員面接を経て採用になればいいなあ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京に行ってきた

 書類選考を通過し、一次面接に呼ばれたので西新宿の本社まで行って面接を受けてきました。業務が忙しいのはわかるのですが、私のことを有用な人材と評価してくれたかどうか。ちょっと構造計算だけしかできないのであれば、もう一社の方に期待がかかる。  スカウトの人と別れてから四谷まで行き、そこから歩いて半蔵門まで行った。半蔵門駅と接続する形で友心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母の手術が終わった

 朝9時から病院にいて、母の手術が無事終わることを待っていた。午後2時に手術がそろそろ終わると連絡が来て、3時過ぎに病棟に移動した。個室が当てられ、今晩を過ごすことに。  また私の就活も複数の企業から面接に来てほしいと連絡が入り、面接の打ち合わせやクリーニングに出したスーツを引き取りに行ったりした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

札幌行の準備

 札幌の訪問に当たり荷造りを始めた。スーツケース一つとリュックサック一つ、ノートPCが入ったかばんを持っていくことにした。  訪問の目的は面接なのだが、アパートを決めて3か月働くという仮契約的な内容だった。だから不動産屋2件と銀行での口座開設もしたいと伝えた。  今まで使ってきた銀行の解約をすることは面倒なので、しばらく放置する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HP更新しました

 浮遊砂の河床変動計算をFortran90とC++で作成し、計算できるようにしたと以前書いたので完成版を載せることにしました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

濃度分布を考慮した浮遊砂の河床変動計算

 現場のための水理学にある、濃度分布を考慮した浮遊砂濃度計算はエプシロンの与え方がどこにも書いておらず計算できないでいる。  べーたの計算は、沈降速度かける水深をエプシロンで割るとなっているが、エプシロンの値がわからない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

C++ クラス構造のプログラム作成

 クラス構造のプログラムを作ろうとして、どうにか計算できるような条件を見つけた。  現場のための水理学4の浮遊砂計算をやろうとしたのだが、計算途中で水位計算が止まってしまった。原因は限界水深以下になったせいだ。また、川幅100m、縦断距離200mピッチの計算ができなかったので、単位幅流量を同じにして、縦断距離も短くすることにした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

合流の計算

 Nays2D Floodで昭和61年洪水を思い起こすような流量の検討を行った。結論から言うと、合流後の流量は1600くらいが妥当らしい。それ以上になると計算が途中で止まってしまう。    市販の電子地図に計算格子を重ね、計算した。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木下の蛇行水路

 Nays2D Floodで大北川の合流点の計算をやり直した。結果合流後の流量は1600m3/sくらいになると氾濫するようだ。またピークの継続時間が長いと計算が途中で止まってしまうこともわかった。  木下の蛇行水路という項目があるので、格子作成して計算してみた。水路は幅1.5m、下流端水位1.5mで行った。  両側に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

植生水理も試した

 NaysCUBEで片側植生の場合の直線水路での流れ計算をおこなった。メッシュを粗くとって植生域と普通の水路の区間の流速を比べたり、浮遊砂の場合の河床低下を計算した。これは、私が大学にいたころ木ノ瀬先生がやっていた乱流の実験と解析のまねである。今では10分くらいでできる計算だが、当時10年ほど前には、2・3日かけて計算していた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

粒子法(MPS)は時間がかかる

 ダウンロードしてきたOpenMPSのプログラムをいじって、落下法による数値移動床を作成した。計算には1日半くらいかかった。これでは実用的でない。京都大学の後藤先生たちのグループは、もっと速いプログラムを開発したらしい。そうでないと計算モデルの検討などなかなか進まない。  重力のみで落下させたので、粒子の不規則な配列が生じた。これが流…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3次元乱流モデルを使いこなす

 NaysCUBEで3次元乱流モデルを計算している。水路の平面形状は湾曲部のある形。外岸が二次流によって掘れるということで、水制工を設置してみた。そして、固定床・掃流砂および浮遊砂で流れの計算を行った。計算時間は3分程度だ。これでも結構時間がかかる。5分程度だ。計算結果を整理し、ワードにて文書の形にした。  私が作れるプログラムの一次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

掃流砂の河床変動計算 手直し

 以前作って計算した掃流砂の河床変動計算モデルを修正して、計算しなおした。礫径を10mmまで小さくして、勾配を緩くした。24時間計算したが、下流が少し掘れたくらいだったのでほとんど動かなかった。その後1mmにして計算実行。結果はまだ整理してない。  河川の洪水では、掃流力が大きくなるに従い大きな粒子まで浮遊するようになる。平均粒径の大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

C++で浮遊砂河床変動計算できた

 以前途中で投げ出してしまったC++による浮遊砂河床変動計算を改めて検討した。Fortran90のコードと現場のための水理学を読んでなんとかできた。ホームページ上に完成したソースは載せていないが、下流の河床上昇がC++とFortran90で若干異なる。原因は不明。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MPS法のプログラム修正終わり

 標準MPS法のプログラムver1.1をダウンロードしてきたが、エラーばかりで実行できなかった。今日午前中デバッグをおこなった。計算は一ステップ1分というスローなペースで進行している。終わるのは午後になる。粒子の運動方程式と粒子衝突の計算なので、時間がかかる。  しかし流砂量式の基本となる素過程の究明には不可欠と認識している。今度は数…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more