C++で浮遊砂河床変動計算できた

 以前途中で投げ出してしまったC++による浮遊砂河床変動計算を改めて検討した。Fortran90のコードと現場のための水理学を読んでなんとかできた。ホームページ上に完成したソースは載せていないが、下流の河床上昇がC++とFortran90で若干異なる。原因は不明。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック