MPS法のプログラム修正終わり

 標準MPS法のプログラムver1.1をダウンロードしてきたが、エラーばかりで実行できなかった。今日午前中デバッグをおこなった。計算は一ステップ1分というスローなペースで進行している。終わるのは午後になる。粒子の運動方程式と粒子衝突の計算なので、時間がかかる。
 しかし流砂量式の基本となる素過程の究明には不可欠と認識している。今度は数値流砂水理学の本を読みながら、プログラムを作ってみよう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック