テーマ:iRIC

NaysEddy

 昨夜計算で苦労したNaysEddyだが、何とかやり方がわかってきた。このソルバー専用のグリッドデータを作成してやればいいのだ。あと、k-エプシロンモデルとは、結果の使い方が異なる。  k-エプシロンモデルは河床変動計算のために使っているが、LESは乱流の細かいところを見るために使うといい。LESで1msec程度の時間間隔で流速ベクト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NaysEddyの計算

 LESの計算プログラムを開始して50分以上たつが、まだ終わらない。計算時間は60秒なのだが、4つのCPUがほぼフル稼働している。いつ終わるのだろうか。  さっきまでNays2DHとmflowを計算したのだが、どちらも1分くらいで終わった。3600秒の計算なのだが。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝礼の前に辞令をもらった

 朝礼で社員のみんなにあいさつした。また朝礼前に社長から辞令をもらい、正式に社員として働くことになった。つくばでは土研国総研ともに実験をしていないようだ。  交互砂州の実験だというのに、iRICのNays2DHで砂州ができないので焦る。iRICのサンプル動画できれいな砂州になっているので、どうやったのだろうか。  歓迎会が金曜日夜6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒地土研で水路を確認した

 屋内実験棟には、会社がほぼ占有している作業場もあった。私が昨日資料をもらった業務は、窓側にある直線水路で長さ50m幅0.9mであった。実験としてはアクリルの床に珪砂4号d0.77mmを2㎝敷詰め、14時間通水と10時間通水の二回実験する。撮影の条件が厳しく、水路上のビデオ撮影は、仕様書通りの範囲を撮影できない。  来週火曜日に研究室…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初出勤

 新しい職場で担当する役務の特記仕様書をもらった。屋内実験棟での実験だ。実験は2通水、14時間と10時間だ。12月中旬まで寒地土研に通うことになる。  今日は初日だったので、徒歩で事務所に行った。バスで通うようなところではないし、自転車は雪が降ると危ないと思う。  私の机は2階で両方に引き出しがあり、ひじ掛けが右についているいすが与…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風邪引いたか

 3時前に暑いと思って目を覚まし一日活動したが、水っぱながうっとうしい。熱は大してないので心配はしていないが、早く治したい。  アパートの契約ができたら、来月入社後のスケジュールが気になり始めた。中途採用で研修があるかはわからないので、社長にメールした。担当業務や所属、仕事の進め方など気になる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

就職活動おわり

 東京の面接は、2社受けてどちらも不採用だった。 河川計画に携わってほしいと思って、面接後社内検討したようだが、経験不足と判断された。結局、最初に受けた札幌の会社に就職が決まった。  寒地土研での実験とiRICでの活動が来月から始まることとなった。もう社長は、新しい仕事が入ると言っていたので期待しているようだ。技術士を取るのも今度の水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総務との面接

 昨日午後1:30から面接だった。中堅企業だが、時々水理実験の結果を使って設計している。河川部長は、時間が合わなかったのか出てこなかった。その分質問が職歴や職務経歴中心で、技術的な話にならなかった。実験と数値解析、現地観測の3つの柱どれも大切ですよ。そう面接後のメールに書いた。  根固めや護岸の重量計算や水門等の構造計算をやった経験は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

C++ クラス構造のプログラム作成

 クラス構造のプログラムを作ろうとして、どうにか計算できるような条件を見つけた。  現場のための水理学4の浮遊砂計算をやろうとしたのだが、計算途中で水位計算が止まってしまった。原因は限界水深以下になったせいだ。また、川幅100m、縦断距離200mピッチの計算ができなかったので、単位幅流量を同じにして、縦断距離も短くすることにした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

合流の計算

 Nays2D Floodで昭和61年洪水を思い起こすような流量の検討を行った。結論から言うと、合流後の流量は1600くらいが妥当らしい。それ以上になると計算が途中で止まってしまう。    市販の電子地図に計算格子を重ね、計算した。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木下の蛇行水路

 Nays2D Floodで大北川の合流点の計算をやり直した。結果合流後の流量は1600m3/sくらいになると氾濫するようだ。またピークの継続時間が長いと計算が途中で止まってしまうこともわかった。  木下の蛇行水路という項目があるので、格子作成して計算してみた。水路は幅1.5m、下流端水位1.5mで行った。  両側に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

植生水理も試した

 NaysCUBEで片側植生の場合の直線水路での流れ計算をおこなった。メッシュを粗くとって植生域と普通の水路の区間の流速を比べたり、浮遊砂の場合の河床低下を計算した。これは、私が大学にいたころ木ノ瀬先生がやっていた乱流の実験と解析のまねである。今では10分くらいでできる計算だが、当時10年ほど前には、2・3日かけて計算していた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3次元乱流モデルを使いこなす

 NaysCUBEで3次元乱流モデルを計算している。水路の平面形状は湾曲部のある形。外岸が二次流によって掘れるということで、水制工を設置してみた。そして、固定床・掃流砂および浮遊砂で流れの計算を行った。計算時間は3分程度だ。これでも結構時間がかかる。5分程度だ。計算結果を整理し、ワードにて文書の形にした。  私が作れるプログラムの一次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Nays2Dで浮遊砂計算

 Nays2Dで浮遊砂計算を習得。浮遊砂は、レイノルズ数と濃度が沈降速度に及ぼす影響をどのように評価するかが問題だと思われる。  今回行った計算は、1時間だがもっと複雑な形状だと実験との差異が大きくなる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電子地図を買った

 地図センターのネットショップで電子地図(gml)を購入。図郭は磯原と高萩の2種類。価格は単価170円。紙の地図より安い。データの加工の仕方なんかはこれから習得する。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホームページ更新

 ホームページに自分で作成した河川測量ファイルデータの計算結果(Nays2DとNaysCUBE)を載せた。画像だけというわけにいかなくなったので、pptxファイルを使った。  400アクセス到達。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

iRIC NaysCUBEを試した

 NaysCUBEを使った計算を初めて行った。sinカーブの水路と自分で作成した水路データで行った。計算条件の設定方法をコミュニティに質問して、疑問を解決した。北大の先生が回答してくれた。 横断流速分布の変化を示す。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Windows7のparaview4でできちゃった

 苦労してtcl-vtkを勉強してスクリプトファイルを書いたが、準3次元のvtkファイルは読み込めなかった。  しかし、すでにインストールしてあったParaviewで読み込めて、アニメーションを作ることができた。  逆に2次元のvtkファイルは読み込めないというか対応していない。だからubuntuを使うことになる。  本家VTKか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

paraviewのversion up

 3.14.1でアニメーション作成ができなかったという問題があったParaviewだが、最新バージョンをダウンロードし、解凍実行したらできた。うれしい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

rivファイルの書式が分かったが、うまくいかない

 iRIC Nays2Dの地形ファイルを作成しているのだが、なかなかうまくいかない。井上さんに教わったが、画面に1測線しか表示されないので、困った。  またコミニティに書き込みをした。新しいことに挑戦するときはうまくいかないことが多い。
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

A3文書を作りたくなる

 今日4年ぶりくらいに河川シミュレーションの結果整理をした。各計算ケースのアウトプットはA3サイズで見たいなあと思った。流速ベクトル図はベクトルがつぶれてしまうと意味がないので、大きなサイズで見てもらいたい。  測量会社に勤めていたときは、A4プリンタとA3プリンタ、さらに大型のA0のプロッタがあった。図面やシミュレーションのアウトプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

計算のやり直しと図化のやり直し それからHP更新

 朝5時過ぎにトイレに起きて眠れなくって、昨日計算した結果csv出力したやつをグラフにする作業を行った。中身を精査していくとデータが変なことに気がつき、計算をやり直すことに。また昨日iRICのサイトにuploadした計算結果は低水路幅が狭く、比較できないことも分かった。  そこで、蛇行波長2ケース、蛇行角度2ケースの水路条件で流量3ケ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

このモニタにしてよかった

 為替チャートは2画面大きく入るし、iRICで作業するときも画面が大きいので見やすくていいです。便利になりました。このモニタにしてよかったです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうも納得いかない

 HP更新作業をしているが、IE10でないと正しく表示されないことが分かった。しかし、それでも最後の図である流速ベクトル図が表示されないという問題が残ってしまった。これはファイル名、htmlファイルの書き換えでも治らない。対処できない。  あれこれいじって最後にサーバーからいったんhtmlファイルを削除して再度アップロードした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

gridgenの修正版を入手

 iRICのユーザーコミュニティに書き込んだバグについて回答があり、gridgenの修正版を使ってくださいということになった。そこで早速ダウンロードし、iRIC 2.1(x64)に上書きした。  もっとも簡単な直線の複断面水路で計算することができた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

iRICサイトにつながらない

 iRICサイトに接続できないという状況で困っている。投稿したのに確認できないじゃないか。FMVのほうはインターネット接続がリセットされましたという表示が出てwebサイトを閲覧できない。何でこんなことになった。わからない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Win7 ソフトのインストール終了

 夕方大体の作業が終了したかと思ったが、あれこれ思い浮かぶソフトが出てきたり、ブックマークに登録したり、して今度こそ作業は一区切りついた。    河川の計算ソフト、CAD、PDFreader、圧縮解凍ソフト、GoogleEarth などをインストール。    外為どっとコムの外貨ネクストネオのインストールは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館で勉強

 自宅の机の上が狭いこともあって、図書館で勉強することにした。広くて静かでいいのだが、2時間くらいで集中が切れてしまう。試験時間もそれくらいだから、いいのだろうが・・・。高校生のころはもっと集中力があった気がしてならない。 12時前に図書館を出て釜揚げうどんを食べて帰ってきた。 午後は久しぶりにiRICという水理シミュレーション…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仕事と関心があることとの乖離

 このところ河川水理シミュレーションをやっているのですが、今の仕事内容と方向性が違いすぎて仕事への興味が減って来ました。このままでは仕事がつまらなく感じて出社するのが嫌になりそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more