テーマ:RIC-Nays

RIC-Naysで浮遊砂の河床変動計算

 Fortran90/95で作成したプログラムはどういう訳か、正しく計算できない。そのことは北海道のM氏にも伝えた。同氏も正しく計算できないことを確認。  そこでいったんFortranを離れて、RIC-Naysで計算することにした。7時過ぎに計算開始したので、終了は何時間後になるかな。 数値計算&可視化ソフトYorick楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

iRIC 計算は実行可能になったが

 フォルダを移動し、ファイル名に全角文字が入らないようにフォルダ名、ファイル名ともに確認した後、iRICを起動すると計算条件の設定のところで強制終了するという事態には至りませんでした。  しかし、計算結果に不満が残る点があります。計算結果が発散してTutorial1,2ともに結果が中途半端になってしまいました。  Tutoria…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「FORTRAN基礎数値計算」が届いた

 先週木曜日に注文した「FORTRAN基礎数値計算」が今日午前中に届いた。プログラムはFortran77で書かれているので、Fortran90に書きなおしながら読み進めている。  またiRICで同じ所で強制終了になってしまう現象が治らない。しかし、英語の新しいTutoarialやドキュメントが手に入ったので、少しずつ読んでいきたい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

iRICが強制終了してしまう

 iRICというRIC-Naysを発展させたアプリがあるのですが、tutorialに沿って進めているとなぜだか強制終了になってしまいます。掲示板に書き込みしましたが、開発元では現象が再現できなかったとのこと。独りで頭抱えています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

gifアニメを作ってみた

 河床変動計算を3通り実施した。このブログでも以前は初期河床と通水後河床の2枚の図を並べて貼り付けるだけだったが、今回はgifアニメを作ってみた。ホームページで公開中です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蛇行河道の河床変動計算例

 流量1500m3/s、粒径50mm、波長3の蛇行河道(高水敷あり)の河床変動計算例  初期河床  6時間通水後の河床  水深と流速ベクトル  この計算に6時間ほどかかっている。河床変動計算は河道形状が複雑になるほど、計算時間が長くなるほど、時間がかかる。延々と続いた計算を数枚の画像でまと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RIC-Nays 水位縦断図

 RIC-Naysで次のような出力が可能だと分かった。縦軸は一本でいいのだが、調整できないので仕方ない。1次元河床変動計算の始まりと結果。これならExcelでグラフを作成しなくて済む。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Google SketchUP 8とHira3Dviewer

 Gerrisについて書いてあるブログの中に、Google SketchUpでモデルを作成してHira3Dviewerでgts形式に変換するという事が書かれていたが、出来なかったので困った。  そこで改めてRIC-Naysをインストールし、ChaoPrayaの計算を実行してみた。以前試した時と同様うまく行った。3D流体シミュレーシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Google Earthをインストール

 RIC-Naysの解析結果をGoogle Earth画像に重ねられるように、FMVにGoogle Earthをインストールした。tutorialの石狩川を読むとGoogle Earthの画像をキャプチャしてRIC-Naysの解析結果と重ねる方法が書かれている。 Hacking Google Maps and Google Eart…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

RIC-Nays ChaoPraya

 RIC-NaysをFMVにインストールした。RIC-Naysの2次元解析を行った。2010/11/21日ブログに同じ計算が載っていた。  平面線形は、  計算格子は、  水深コンターは、  となった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more