NaysEddy

 昨夜計算で苦労したNaysEddyだが、何とかやり方がわかってきた。このソルバー専用のグリッドデータを作成してやればいいのだ。あと、k-エプシロンモデルとは、結果の使い方が異なる。
 k-エプシロンモデルは河床変動計算のために使っているが、LESは乱流の細かいところを見るために使うといい。LESで1msec程度の時間間隔で流速ベクトルの変化を見ていくと回転しながら流れが進行していることがわかったりする。

 もっと重要なのは、計算にかかる時間と得られる結果のバランスだと思う。k-エプシロンモデルで一洪水の河床変動を計算するのに1日かかるんでは、遅いと思う。LESのように1msec程度の流速変動は、問題にしないから。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック