3次元乱流モデルを使いこなす

 NaysCUBEで3次元乱流モデルを計算している。水路の平面形状は湾曲部のある形。外岸が二次流によって掘れるということで、水制工を設置してみた。そして、固定床・掃流砂および浮遊砂で流れの計算を行った。計算時間は3分程度だ。これでも結構時間がかかる。5分程度だ。計算結果を整理し、ワードにて文書の形にした。
 私が作れるプログラムの一次元計算より負荷が大きい。新しい区画整理事務所のPCでも結構熱が出る。

浮遊砂の計算例
画像



水制工がない場合
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック