Nays2Dで浮遊砂計算

 Nays2Dで浮遊砂計算を習得。浮遊砂は、レイノルズ数と濃度が沈降速度に及ぼす影響をどのように評価するかが問題だと思われる。
 今回行った計算は、1時間だがもっと複雑な形状だと実験との差異が大きくなる。



画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック